大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

乾燥から身を守れ!【乾燥肌編】


乾燥から身を守れ!【乾燥肌編】

酷暑から一転、いっきに秋めいて来ました。
個人的には、暑さは苦手なので、この心地よい季節はとても大好きなんですが…。
毎度毎度、この季節の変わり目につきまとうのが、体調不良だったり、お肌のトラブル。( ;∀;)
・・・皆さんはそんなコトありませんか??
 
やはり気温や湿度が急に低くなると、自律神経の調整がうまく行かなくなり、
体調はもちろん、お肌のトラブルも増える時期となるようです。。。
 
今はまだ、夏のなごりで少し湿気も多い感じがしますが、
秋から冬に向けて、どんどん迫って来る宿敵が乾燥(´д`ll)
 
そこで、9月のコラムは乾燥から身を守れ!≠テーマに書き記して行きたいと思います(^^♪
若干、自分自身への戒め的な感じになってしまいそうですが(苦笑)
悩まれているお仲間は、意外と多いんじゃないかと思っています。
よろしければ、参考にしてみて下さいね。

 

 
これまでのコラムでは、
「湿度によって汗が蒸発しにくく、体調を崩しやすい」とお話してましたので、
湿度が下がったら体温調整もしやすくなって、問題ないんじゃないか?っと
思われる方もいるかもしれません。
なにより、乾燥は「冬」のイメージも強いですしね。
 
春と秋の変わり目≠フ違いは、『夏の後』って所だと、私は思います。
・・・って、当たり前のコトを言ってるだけに聞こえますが(笑)
 
夏の紫外線ダメージ、相当ありましたよね??おそらく、ご自身が思っている以上に
ダメージを受けてる可能性が高いです。
夏のお肌は、強い紫外線(日焼け)や冷房によって乾燥しています。
汗などによって見た目は潤っているのに、内部は乾燥していると言う
「隠れ乾燥肌」になっている人もいたりするそうです。
そして秋になって、気温や湿度が下がり、
汗を蒸発しやすくなるコトで、肌はより乾燥して行く。。。
 
つまり、乾燥によって弱っている肌が、さらに追い打ちをかけられると言う状態なのです。
大袈裟に言ってしまうと、傷に塩を塗り込まれるような感じ?なのかもしれません。
 
 
あらためて言うまでもないかもしれませんが、湿度と言うのは、空気中の水分量。
夏はその水分量が多く、秋からその水分量が少なくなって行くのです。
室内では、冷房や暖房によって乾燥しますよね?
その状態が、外気で起こっていると考えてもらうと分かりやすいかもしれません。
 
そして、寒くなると汗や皮脂の分泌量が減ります。
これにより、お肌を保湿する機能がある皮脂膜を十分に作れなくなってしまうため、
肌内部の水分蒸発を防げなくなるそうです。
 
・・・季節の変わり目の肌トラブル≠チて、こんな風に起こっているんです( ;∀;)
夏、たっぷり紫外線を浴びた人は、なお気を付けて欲しい所です!


 
 
 ではでは、肝心な【乾燥原因と対策】について、探って行きましょう☆
 
夏の紫外線によって、大きくダメージを受けているのが、皮膚の一番外側にある角質層

 
この角質層にあるのが、「セラミド」と言われる成分です。
この「セラミド」は、人間が元々持っている成分で、細胞と細胞の間を埋めて、
外部からの刺激から保護する役割を持っています。
そして、その細胞と細胞の間で、水分や油分を蓄えて肌に潤いを与えています。
 
汗を何度も拭いたりするコトで、この「セラミド」を含んだ角質層が削られています。
つまり、お肌のバリア機能が働いていないと言うコト。。
そこから大気中の有害物質が体内に入り込んでくる可能性はもちろんのこと、
お肌に保持している水分が逃げやすくなるために、さらにカサカサの乾燥肌になって行くのです。
 
ちなみに。。
もうひとつ、水分保持の優れた物質が「ヒアルロン酸」と言われる成分。
こちらは真皮に存在しています。お肌の保水力を保つには、セラミドとヒアルロン酸の
両方が大切と言われます。
 
「セラミド」は、日頃の洗顔やクレンジングや加齢などによっても減少しています。
ゴシゴシ洗顔がNGなのは、このため。
加齢によって、セラミドを生産するチカラも低下していきます。
外部からの保湿、なにより正しいスキンケアが大切です。
 
 
そして補足しておきたいのが。。
元々肌というのは、自分の力で過不足無い保湿が出来る機能を持っています。
乾燥しているからといって、たくさん保湿すれば良いと言うモノでもありません。
ケアの方法を間違えると、かえって修復に時間がかかってしまうコトもあります。
 
そういう意味では、アロマケアがおすすめです。
以前、日焼けケアの時にもお話した通り、アロマは外部(表面)からも
内部(香りによる刺激)からも、身体に働きかけてくれます。
アロマには、直接潤い成分を届けるコトはありませんが、皮膚細胞を活性化したり、
皮脂の分泌を調整する作用があったり、お肌が元々持っている機能を稼働させてくれるのです!
 
セラミドを保持するためには、ターンオーバーの正常化も重要ですからね!
 
美容用品がなければ、保てない美肌って言うのも、ちょっと大変ですし。。(^^;)
お肌そのものの性質を変えていくコトは、とっても大切だと私は思います。
 
今はずいぶんとマシになっていますが、私は元々、鮫肌の持ち主だったりするので、
外側だけのケアでは、完治に至らないことが身にしみています。。
長い間、乾燥肌でお悩みの方は、一度角度を変えてアロマケアにチャレンジしてみては
いかがでしょうか?
 
すぐに効果が出るモノではないかもしれませんが、続けるコトが大事です。
アロマと漢方って似てると思うんですよね♪
自然植物から生まれたモノだし、効果が出るまで時間がかかるし。
さすがにアロマは医薬品にはなれないけれど。
自然は、人間に優しい(^。^)
 

 
乾燥対策をつきつめていくと、冷え性でもターンオーバーは乱れますし、
結局のところは体質改善や習慣の問題になってくるのかもしれません(;´Д`)
 
お肌のつっぱりなどは、スキンケアで簡単にカバーするコトが出来ますが、
「乾燥」の行き着く先は、かゆみだったり痛みだったりします。
ひどいケースでは、痛みで眠れない状態にまで陥るそうです。
 
何事についても同じですが、軽く考えずしっかり向き合っていくコトが大切ですね。
 
シーズでは、いつでもご相談可能です☆( *´艸`)


CopyRight©MarikoOonishi 



この記事のタグ
乾燥 アロマ セラミド 
『乾燥』関連記事
●乾燥から身を守れ!【髪編】



トップへ