大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

健やかに生きよう★【腰痛編】


健やかに生きよう★【腰痛編】

私はもともと軽い腰痛持ちでした。(今も少しありますが・・・)
 
 
  
クシャミをすると、腰に痛みが響いたり、
立ちっぱなしだったり、長時間歩き続けたり、長時間寝すぎたりすると、
腰が痛くなる…
 
そんな症状がありつつ、骨盤を見てもらう機会がありました。
そこで言われたコト。。
「ちょっと、コレは酷いですね!(◎_◎;)」
「可哀想すぎます!」
「よく平気でしたね…(呆れ口調)」

 
『そ、そんなに…?!?!』
衝撃的な事実を突きつけられた瞬間でした(苦笑)

自覚がないとかではなく、もちろん痛い時はしんどかったですよ。
でも、生理前には顕著に現れる症状だったし、
周りからもよく聞く話しだし、そんなもんだと思ってました。。
私の骨盤は、相当歪んでいたらしい…(´・_・`)
骨盤が前傾して内臓を支えきれず、腰の筋肉に負担がかかっている状態でした。
 
腰痛が特に気になり始めたのは、かれこれ10年前ぐらい。
その間、何度か整体やマッサージを受けたりしたけど、
こんな衝撃の事実を、誰も教えてくれませんでした。。
(教えてくれるお店と、そうじゃないお店があるコト自体が、不思議ですよね。。)
 
 
以前のコラム『PMSは自分と向き合う時間』でもふれましたが、
こんな風に、女性の大半は骨盤≠ェ原因で腰痛を抱えているのかもしれません。
 

 

【腰痛の原因】
(1)骨格障害
(2)筋肉疲労
(3)血行不良
(4)神経の圧迫
(5)内臓の病気
(6)脊椎関節炎によるもの
 
主な原因を上げると、ざっとこんな感じです。
 
さらに付け加えると、(2)(3)にはストレスも関連しています。
ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れて、血行不良になり
筋肉が緊張してしまい、痛みを引き起こします。
当然、同じ身体ですからね。。肩・首だけじゃなく、腰も同じです。
 
さらにやっかいなのは、ストレスが蓄積されると、
痛みから身体を守る脳内物質がきちんと分泌されなくなり、
痛みをより感じやすくなるそうです。
 
原因は多々あれど、結局のところ
「姿勢」・「運動不足」・「冷え」・「ストレス」は、
腰痛にも大敵!っと言うコト!!
 
 もうイヤ・・・

 
 
例えば、ぽっこりお腹なんかは・・・。
腰痛とは関係ないように思われますが、実は腹筋≠ナ身体を支えられない状態になると、
腰への負担が大きくなり、腰痛を引き起こすそうです。
 
これは、筋肉量の問題でもありますが、大きな要因は「姿勢」です。
姿勢よって、腰の右側or左側のどちから一方だけ痛くなる、なんてコトも出て来ます。
イスに座っている時、右足ばかりを上にして組んでいたり、
バックを右肩(同じ方向)ばかりにかけていたり。
右か左か、どちらか一方に負担をかけているコトで、
身体のバランスが崩れて腰痛を引き起こしています。
 
ついでに言うと、「ぎっくり腰」も身体の歪みから来ているそうです。
普段の姿勢が悪く、疲労もたまった状態で、いきなり筋肉を使うと
グキッ・・(;゚Д゚)!!っとなってしまいます。。
足首の捻挫が、腰でも起こっているようなイメージです。
ぎっくり腰を繰り返してしまう人は、不安定な状態(悪い姿勢のまま)で、
さらに腰に負担をかけていると言うコトになるので、気をつけたい所です。
 
 
姿勢はホントに大切です。
 
そしてもう1つ大切なのが、身体を動かすコト。
腰痛を抱えていると、痛みがあるからと身体を動かすコト自体を控える方も
いらっしゃるかもしれませんが、逆効果です。
動かさないコトで、腰回りの筋肉が固まってしまうので、
負担をかけすぎない、適度な運動が必要なのです。

 私が、骨盤を見てもらった際に言われたコトは、
『足を組むべからず!』でした(笑)
 
そんな些細なコトで、身体は歪んでしまいます。
言うまでもなく、腰は身体の中心にあります。
違和感があると、身体がその違和感を補うような姿勢になり、
立ち姿も美しくなくなります。。
 
もしかしたらご自身が思っている以上に、背中や腰が歪んでいるかもしれません。
整体やマッサージに行って、初めて歪みを認識された方もいるでしょう。。
鏡に映っている時(自分で自分を見ている時)だけ、
真っ直ぐになっていても意味がないんです。
 
職場や電車とかで、たまに見かけるのですが。。
とてもお綺麗な人なのに、姿勢が悪いとなんだかガッカリしません?!
貴方もそうなっている可能性があるのです。
 
 

 
 
私の場合、日頃の姿勢の改善までは行きませんでしたが、
たった1回骨盤を見てもらっただけでも、
診てもらって以降しばらくの間は、朝目覚めても腰が痛くありませんでした!
(基本的に、いつもは痛みを伴い目覚めていたのに・・・)
しかも、10時間ぐらい寝ていても平気でした!(笑)
 
痛みがないと言うのは、ホントに素晴らしく。。( ;∀;)
おかげで眠りも深かったし、お通じもスムーズでスッキリして、
『言う事なしッ!』でした*
 
骨盤を診てもらうことって、けっこう重要なのかもしれません!
 
 
腰痛は女性だから当たり前だなんて、思わないで下さいね。
それはきっと、我慢して我慢して、麻痺させるコトが当たり前≠ノなっているだけです。
そんな状態で、ちゃんと笑えますか?
日々楽しんで過ごせますか?
 
身体の不調は余計な不安を掻き立てるだけです。
そんなつまらない時間は、もったいないのでやめましょう*


痛みも身体からのサインです。
もし横になったり、動いたりしても、痛みが和らがないと言う人は、
病気が原因の可能性もあるので、一度病院で診察を受けて下さいね!
子宮などが絡む女性特有の病気による痛みもあったりするので、
受け流さずに、重々注意して下さいね。

 
 
 
 
 腰痛のお悩みには、SSP骨盤調整がおススメです。
 
※ちなみにSSP≠ニは、、、
SSpine/スパイン(背骨)
SSacrum/セイクラム(仙骨)
PPelvis/ぺルビス(骨盤)
を示す頭文字。
 
あまり耳慣れない仙骨(せんこつ)
骨盤の中央にある、手のひら程度の大きさで、逆三角形の形をした骨のコトです。
日本語では仙人の骨=A英語ではセイクラム(sacrum=sacred bone「聖なる骨」)≠ニ呼ばれ、
生命の恒常性維持に関わる重要な骨であり、古くから不思議な力を持つ骨として
人体の中で格別な存在とされてきたそうです。
 
この話からも、とても大切に扱われてきた骨であるコトが分かりますよね。
自分の大切なSSPが、今どんな状態なのか?一度、診てもらうといいかもしれません*
 
この施術は、「筋肉のゆるみ」と「骨の位置の正常化」の両方を行うので
美しいボディラインまで手に入りますよ〜!!(^o^)


CopyRight© Mariko Oonishi



この記事のタグ
コラム 腰痛 骨盤 
『コラム』関連記事
●「SSP骨盤調整」は骨からキレイをつくります
●健やかに生きよう☆【くすみ編】
●からだの根本を整えてこそ「妊活」もうまくいく
●健やかに生きよう☆【浮腫み編】
●PMSは自分と向き合う時間



トップへ