大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

健やかに生きよう☆【くすみ編】


健やかに生きよう☆【くすみ編】

健やかに生きよう☆【くすみ編】
 
春がホントに短くなりましたね。。(^^;)
日傘を多用しつつも、すでに暑さにやられているワタシです(苦笑)
 
  
 
この時期は、テレビでもよく紫外線≠ノついて取り上げられていますね。
 
『紫外線は、女性の大敵!!』
 
 ・・・みたいな認識は、どんどん刷り込まれて行きます。
紫外線を気にする女性はすごく多いですよね。
場合によっては、帽子を被って首やデコルテまでカバーするようなフェイスマスクを着用し、
その上アームカバーまで。。
それ、暑くないんっすか?!っと思わずにはいられない程の、鉄壁の防御(笑)
めんどくさがりな私には、なかなか出来ません。。(´д`ll)
 
もちろん、紫外線はくすみ・シミシワの原因となります。
 
 
くすみもシミシワも、化粧で隠すには限界があります。
当たり前だけど、太陽の光ばかりは、自分ではどうするコトも出来ません。
しかも、紫外線対策してるつもりでも、なぜか日焼けしてたりして。
なかなか難しい部分ですよね。
 
    
 
くすみの原因は、主に2つ。

 
1.血行不良
 
血流が悪くなるコトで、必要な栄養分が毛細血管まで行き届かず、
新陳代謝(ターンオーバー)≠ェ上手くいかない。
その為、角質が厚くなって酸化し、メラニン色素が沈着してしまうのです。
 
分かりやすい部分で言うと、目の下のクマ。
睡眠不足や疲れ等から起こる血行不良によって、目の周りの静脈が鬱血して(血管がふさがって)いる状態。
目の周りの皮膚は特に薄いために、透けて見えてしまっているのです。
 
血行不良は疲労、ストレス、寝不足、冷え、そして喫煙や運動不足等によって引き起こされます。
この根本的な部分が治らない限りは、高価な化粧品もあまり意味をなさないそうです。。(゚д゚lll)ガーン
個人的には、紫外線はけっこう気にしている方でしたが、ストレス・運動不足が、
身体だけでなくお顔にも影響を及ぼしているなんて、正直あまり意識してませんでした。( ノД`)シクシク…
 
 
2.色素沈着
 
こちらが、紫外線が原因によるモノ。
紫外線によって大量につくられてしまったメラニン色素がシミ≠ノなります。
※シミは色素沈着の代表例です。
 
そもそも、メラニン色素ってお肌を守るためにあるモノなんです。
大量の紫外線をあびると、お肌を守ろうとしてメラニン色素を大量に作ってしまうのです。
それが、ターンオーバーが上手くいっていないがために、お顔に残ってしまい、
それがシミとなるのです。。※部分的になるのは、紫外線のあたり具合によるそうです。
 
そして、ここにも出てくるのがストレス(-_-;)
 
ストレスを受けると活性酸素を発生し、色素細胞を刺激します。
その刺激によってメラニン色素の生成を促してしまうそうなんです。
 
ストレスって・・・、ホント良いコト1つもないですね。( ;∀;)
 
 
透明感のある肌ってどんな肌?

お肌の状態(特にお顔の)を表すのに、よく耳にするのが、
・透明感がある
・艶がある
・瑞々しい(みずみずしい)
・・・っと言った表現。
コレって、具体的にどういう状態なんでしょうね。
 
辞書で調べてみると、
透明感:透き通った感じ。濁りがなく明るい感じ。
艶:なめらかで張りがあり美しいコト。しっとりした光。光沢。
瑞々しい:光沢があって若々しい。

 
これらを含めて考えてみると、どうやら光の反射≠ゥら来ている表現のようですね。
キメが細かく整っていると、光がキレイに反射し、
逆に、なんらかの障害がお肌にあると、反射が乱れて影になり、くすんだ印象を残す。
 
光を集めて美しく輝いている状態が、透明感のあるお肌。
 
 
 
 
美容業界では、美しい肌の条件を
るおい」「めらかさ」「り」「んりょく」「っしょく」「や」と定義して
『うなはだけつ』と言うそうです。
 
この6つのキーワードに共通している要素が、水分量。
水分は、酸素や栄養を細胞に届ける働きがあります。
充分な水分を肌に与えることにより、細胞の働きが活性化され、
皮膚が新しくなるサイクルも整えられるのです。
 
その水分量に大きく関わるのが、血流≠ネんです。
もちろん、透明感のあるお肌にも、血行の良さが大切になってきます。
 
まぁ、裏を返せば、ターンオーバーを正常化させれば、新しい皮膚が生まれるワケだから、
シミやシワも含めて、怖いモノはない・・・!!のかもしれません。
紫外線も大敵ですが、こちらももうちょっと認識が広まるといいんじゃないかと
個人的には思います。
 
 
くすみを解消するには?

@体を冷やさない
A食事改善
B水分をしっかり取る
C適度な運動
Dマッサージ
Eストレス回避
 
言わずもがな、コレは血行をよくする方法でもあります。
全文でも述べた通り、根本を治さないと、どれだけスキンケアしても意味がありません。
出来るモノから、始めて行きましょう。
 
個人的には、マッサージからのスタートをおススメします。
すでにくすみで悩まれている場合だったり、身体がしんどかったりする場合、
何かコトを起こすのもおっくうなはず。
 
マッサージは、筋肉を動かすコトになるので、運動しているのと同じなのです。
完全ではないにしろ、リセットに近い形になる感じがしませんか??
何より、マッサージの後は、ココロも身体も緩んでリラックス状態≠ノなるため、
これを維持しようと、前向きに何かを始めたくなるはず。
そこから始めたら、良い効果を得られそうですよね!
 
私は、慢性肩こりなんですが。
マッサージに行っても、結局揉み返しがしんどかったり、
どうせ、また凝るんだから・・・≠ニ騙し騙し、やってきたタイプです。
通うとなると、それなりにお金もかかりますしね。
 
他事で自分のためにお金を使い、自分を大切にしているつもりでした。
だけど、やっぱり身体がしんどいとメンタルに響くコトを、つくづく実感するのです。
どれだけココロの状態が良くても、体調が悪いと全てがひっくりかえってしまう。
 
女性ならではの理由もあったりするので、仕方ない≠ナすませてました。
もしかしたら、そんな自分自身への扱いもストレスになっていたのかもしれません。
自分自身に本当に大切なコトを、ちゃんと見極めて投資してあげたいですよね。
 
  
 
サロンシーズでは、様々方向から、身体へアプローチする施術があります。
身体を温めるなら、【ハーバルスチーム】
お肌の状態が気になるなら、【きらら式小顔整顔】
貴方のココロとカラダに寄り添った施術を、是非お試し下さいheart



CopyRight© Mariko Oonishi 



この記事のタグ
コラム くすみ 血流 
『コラム』関連記事
●「SSP骨盤調整」は骨からキレイをつくります
●健やかに生きよう★【腰痛編】
●からだの根本を整えてこそ「妊活」もうまくいく
●健やかに生きよう☆【浮腫み編】
●PMSは自分と向き合う時間



トップへ