大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

PMSは自分と向き合う時間


PMSは自分と向き合う時間

PMSは自分と向き合う時間




「PMS」と言う言葉をご存知でしょうか?
 
PMSとは、PreMenstrual Syndromeの略称で、「Pre」は「〜の前の」を意味し、
「menstrual」が生理・月経、「Syndrome」は症候群で、そのまま月経前症候群を表してます。


 
 
PMSは、生理が始まる大体3〜10日前に出る症状のコト。
生理痛は始まって2〜3日起こる症状と言われますので、
似ているようで、ちょっと違う。
 
どれだけ調子よく過ごしていても、PMSや生理痛のために、
浮き沈みを繰り返している方もいるのではないかと思います。
・・・実は私自身がそうだったりします。
 
そして、毎月毎月の痛みやしんどさに、辟易しているかもしれませんね。
 
 
実は、『生理痛は、無いのが普通』なのです!!
 
痛い・ツライのが当たり前になり過ぎて、いつの間にか、
それが普通≠セと思っていませんか??
正直、私もそのクチで、この言葉を知った時には驚きました。。(^^;)
だけど実際に、そう考えられている学術があるそうです。
 
どうしようもない。。と諦めてしまう前に、
どうせ同じ時間を過ごすなら、自分の心と身体に向き合う時間として
捉えてみるのはどうでしょう?
 
何より、将来的に出産を望んでいるなら、大切な時間だと私は思います。
生理痛やPMSは、毎月の身体からのサインです。
しっかりと、目を向けてやって欲しいのです。
 
 
 
 

 
 
・子宮を収縮させる物質の分泌量が多い
・子宮の出口が狭い
・血行が悪い
・ストレス
 
・・・等々、生理痛やPMSの原因となる要素はいくつもあります。
これに一番密接に関わってくるのが【骨盤の歪み】ではないかと、私は考えます。

 

〜骨盤の歪み〜〜

骨盤の開閉によって、女性ホルモンが分泌され生理は起こります。
骨盤が歪んでいると、開閉が正常に行われず、血流や神経伝達に影響しPMSの原因となります。
※内臓を支えている骨盤が開いてしまうと、子宮の位置がずれて血行が悪くなり、
 生理不順となったり、経血の量が増えてダラダラと生理が続いたりします。

 
私が骨盤の歪みをクローズアップしたのは、
実は、冷え性≠フ原因も骨盤の歪みと言われているからです。
 
骨盤が歪むと、筋肉に緊張が起こり、血液やリンパの流れを悪くします。
この状態が続くと、身体の深部の温度が下がり、脳は臓器への血流を優先させるために
末端の手足が冷えやすくなる、、っと言う仕組み。
 
 
女性特有の理由になってくるのかもしれませんが、
足を組んだり、長時間座りっぱなしだったり、高いヒールを履いていたり。。
そんなコトで、骨盤は簡単に歪んでしまうそうです。
 
冷えると血行が悪くなり、子宮からの経血の排出をうながすために(正常に機能を働かせようとして)
子宮を収縮させる物質の分泌量が増える。
この分泌量が必要以上になると、下腹部に軽い痛みを感じるようになります。
 
 
なんだか、「玉子が先か鶏が先か・・・」みたいな状態ですよね(笑)
とにもかくにも。。【骨盤は身体の起点】と考えておえば、ツライ生理痛や冷え性にも
太刀打ちできそうな気がするのは、私だけじゃないはず。
 

 
 
もう1つ、PMSの原因として考えられているのが、ホルモンバランス。
「幸せを感じる」と言われるセロトニン≠ェ減るから、、なんてコトもよく聞きます。
セロトニンは脳内の神経伝達物質の1つです。
つまり、幸せを感じにくくなってる状態…と言うコトでしょうか。
 
セロトニン不足にも、いろんな原因がありますが、まずはストレスを溜めないコト!!
PMSや生理痛だけでなくとも、心と身体のバランスと取るには、ストレスは大敵のようです。
 
PMSと生理痛、両方あったら月の大半を損するコトになります。
生活習慣を見直して、しっかり睡眠をとり、太陽を浴びるコトを意識すると良いそうです。
カラオケで大声を出してみるのもいいし、たくさん笑って、軽く体を動かしましょう。
お散歩でもいいし、お部屋の掃除だってOK。
まずは、自分が気持ちよくなること、やってみましょう!
 

 

 
 
女性は「出産」と言う、大きな大きな仕事が待ち構えています。
もちろん、出産だけではないけれど、女性でいる限り、これは逃れられない宿命。
その為に生まれきたと言っても、過言ではないかもしれない。
だからこそ、女性であるコトを誇り、自分自身を大切に大切に扱って欲しいのです。
 
女性は、命を育む、大切な大切な存在だからこそ、
身体がこの日ばかりは、休ませて〜≠ニ言っているのかもしれません。
 
日頃、頑張ってる人、頑張らなきゃ!って思ってる人は、要注意!
そのストレスは、PMSとは生理痛とかだけの話ではなく、
妊娠力も落ちてしまっている可能性がある事を、覚えておいて下さい。
 
会社を休む事も、大切な手段です。
 
何もしない。。っと言うのも、必要な時があると思います。
 

 
・頭を幸せにする日
・心を幸せにする日
・身体を幸せにする日
・・・を設けてみるのも、個人的にはオススメです。
 
生理中は、心を幸せにする日と思って、ひたすら休んで何もしない。
悩みがある時は、とことん頭を使って、頭を幸せする日。
疲れが抜けない時は、とことん身体を癒して、身体を幸せにする日。
 
そんな風にそう決めておくと、大義名分みたいになって(笑)
自分責めをしなくなりますよ〜(^o^)
 
 
身体を幸せにする日には、是非サロンシーズでお過ごしください*smiley




CopyRight© Mariko Oonishi 



この記事のタグ
コラム PMS 生理痛 
『コラム』関連記事
●「SSP骨盤調整」は骨からキレイをつくります
●健やかに生きよう★【腰痛編】
●健やかに生きよう☆【くすみ編】
●からだの根本を整えてこそ「妊活」もうまくいく
●健やかに生きよう☆【浮腫み編】



トップへ