大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

シーズ春のお悩み相談会★Case3


シーズ春のお悩み相談会★Case3

春のお悩み相談会、最後の事例はお悩み≠ニ言っていいのか分かりませんが…
もしかしたら、皆さまが一番実感しているコトかもしれません。
 
case 3 睡眠障害?!
「なんか、やたらと眠いんです。。」
 
もうしんどいレベルで眠い。。(´Д`|||) って時、ありませんか?
ただの睡眠不足かもしれないし、疲れてるだけかもしれないし、、
「不調」と捉えている人は、意外と少ないかもしれません。
 
  
 
『春眠暁を覚えず』と言う言葉が、一般的に知れ渡っているのは、
それだけ実感している人が多い証拠だと思います。
ただ、意味合いとしては『春の眠りは心地よく、夜が明けるのも気づかぬほど』
となっています。
 
もちろん、心地よいからと言う理由で春が眠いワケではありません(^^;;)
 
これはcase1、case2にも繋がる理由となるのですが、
 自 律 神 経 の 乱 れ が関係しています。
だからこそ、この「睡眠障害」とも思われる症状を、トリのcase3に持ってきました。
初回で、また別で記すと言ってましたしね♪
 
人間の体温は、自律神経によってコントロールされています。
この季節の激しい寒暖差にも、必死でついて行こうと自律神経は稼働してますが、、
変化について行けなくなるコトもしばしば。。
以前のコラムでも書いたことがありますが、体温調節をつかさどる自律神経は、
5度以上の急激な気温変化に対処できないそうです。
それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに
異常をきたし、体調を崩す原因となります。
 
このコラムにも度々登場する自律神経≠フ登場回数を考えるだけでも、
身体にとってかなりの重要ポイントであることは、すでにお分かりかと思います。
 
自律神経とは、意志とは無関係に作用する神経で、身体の機能を促進したり抑制して
調節してバランスを取り、健康状態を保っています。
内臓を動かしたり、血液を流したり、老廃物を流すなどの、人間が意識しても出来ない事を
司っていると聞くと、、、そりゃ乱れたら体調不良になるのも納得です(´д`ll)

         
  
 
人間は、本来眠れるように出来ています。夜は必ず眠くなるのです。
体内時計にそう組み込まれています。
 
だから、覚醒しているはずの昼間に、明確な原因もなく眠気がおそってくると言うのは
自律神経の乱れ、ひいては体調不調の前兆かもしれないのです!
これも身体からのヘルプサインだと、受け取ってあげて欲しいのです!
 
生活習慣を見直そう!!…っと、各所で言われていますが、
このご時世、24時間体制での勤務があったり、真夜中でも光が溢れていたりして
生活習慣の改善にも、限界があったりすると思うのです。
夜の方が、勉強や仕事がはかどる!なんていう人も居るぐらいですし。。
 
何よりストレスで溢れかえる社会には、生活習慣を整えた所で、、、みたいなコトも
正直ワタシは思ったりもします。
 
もうお気づきになって居る方も多いと思いますが、
自律神経≠ニ言う言葉が出て来るところには、必ずと言っていいほど
ストレス≠ニ言う言葉が出てきています。
 
ストレスは、自律神経を乱します。。
 
ストレスが身体に与える影響は、、デカすぎるのです( ;∀;)
デカすぎる割に、認識しずらい。。認識しずらいから、影響がデカいのか。。
まぁ、だからこそ、このコラムでも散々、身体からのサインに気づいて〜!っと
言っているのです。
 
身体からのサイン、実はこれ、中医学の観点から言うと、
分かりやすく出ている部分があるのです!
 
それが【胃腸機能】
 
中医学では、胃腸機能が低下することにより、「やたら眠い」状態が起こるとされています。
健康バランスに大切な気≠ヘ、胃腸機能で作られています。
その胃腸機能が低下すると言うことは、気≠ェ身体から足りなくなります。
気≠ヘ身体や脳みそを働かせるエネルギーなので、気≠ェなくなると
活動できない状態になり、眠気が襲ってくると考えられます。
 
ストレスの影響で胃に穴があくって、よく聞きますよね?
それって、エネルギーが枯渇した状態で、頑張ってしまった結果、
限界を超えて、起こる症状だったりするのです。
眠気は実は、その前兆かもしれないのです。。(*_*)
 
中医学は、病気になりにくい身体を作る事が目的とされています。
普通に考えたら、前兆の段階でなんとかしておきたいと思うのが人間。。
 
前段階の状態を知るコト出来るのが、この経絡測定器。(下の写真↓)
これは数値によって可視化されているので、お客様も実感しやすいですし、
目安になります。
 

 
この経絡測定器によって、ご自身の良い状態とあまり良くない状態の目安を
作って頂けたらと思っています。
 
あまりよくない状態=前段階、つまり未病を防ぐには、やっぱり漢方アロマです。
(経絡測定器は中医学を元に、漢方アロマを良い効果的に活かすために作られました!)
漢方アロマが使われる「かっさ」は、ハーバルスチームと並んでデトックス効果が高いですし、
眠気もさることながら、ストレスをためがちな人にもオススメです!
 
未病を防ぐ中医学を掘り下げると、ココロと身体のバランスがとても大切であるコトが
分かって頂けると思いますので、興味がある方は過去コラムの
「漢方アロマ」シリーズを、ぜひ読んでみてくださいね〜(^^♪
 
 
 
春のお悩み相談会、いかがでしたでしょうか?
季節の変わり目であり、花粉もあるし、ストレス過多な状況が多かったり。
この時期は、メンタルも体力も落ちる&が多い印象です。
 
「変化」が生じると、脳は元に戻ろうとして「不安」起こしているような気がします。
新年度を迎えてみたら、案外なんでもなかったりするのに(苦笑)
 
これは個人的な見解ですが、「不安」をダメだダメだ!!…なんて、押し殺さずに
受け入れた上で、「それでも大丈夫だよ〜。」「なんとかなるよ〜。」っと
自分で自分を認めてあげると、落ち着いてきます。
まだ起こりもしていない事を不安に思うのは、しんどいだけですからね!(;゚Д゚)
 
どんな現実がやって行こうと、きっとそれは素敵な未来へと続く道です。
気負い過ぎずに、やっていきましょうね〜(^_-)-☆



CopyRight© Mariko Oonishi


この記事のタグ
自律神経 ストレス 眠気 


トップへ