大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

ハーバルスチームとボディトリートメントの親和性


ハーバルスチームとボディトリートメントの親和性

 植物の香りには、
 あなたの知らないチカラがある。


  (第38回アロマテラピー検定HPより)


 
ふと電車の中で見かけた広告のコピーです。
オーナーシナさんとお仕事をさせてもらうようになって、
アロマをより知るコトになったからなのか、、
なんだか沁みる<Rピーだなぁ…としみじみ見いってしました。
 
植物のチカラで、実際に救われたシナさんが居て、今のシーズがあります。
シナさん自身が、アロマのチカラの証明なのです。
 
アロマのチカラを、皆さまにも届けたいと言う想いを持ったシナさんが
シーズで最初にメニューにしたのは、実は、、
ハーバルスチームアロマトリートメントだったと言うのは、ご存知ですか?
 
ただアロマを使うだけじゃない。
より効果的にアロマのチカラを活かすために、ハーバルスチームも
一緒にメニューに加えられたそうです。
 
 
 
 
 
今月は『温活』を推奨しています。
冷えは女性の大敵。。。っと言うより、血の巡りが大切なんです!っと
言い換えて、何度もお伝えしています。
「冷えは万病の元」と言われているし、コレを改善すれば、
大抵の悩みは解決するんじゃないかと個人的には思っています。
 
今月最初のコラムでも、血の巡りが身体の軸≠ナあるコトをお伝えしました。
 
冷えると血の巡りが滞ります。
老廃物をカラダに溜め込みます。
何度もお伝えしているのは、ご自身が思っている以上に、カラダは冷えていて、
この未病の状態の方がたくさんいらっしゃるから。。
 
その状態でアロマトリートメントの施術を受けるとどうでしょう?
 
もちろん効果はあります。
そのための施術なので。
 
ですが、それだけでは根本的な解決にならない可能性があるのです。
 
皆さま、様々なお悩みがあったり、目的を持ってシーズにお越しになられますよね。
シーズは、本来人間がもっている「自然治癒力」を大切にしたいと思っています。
だからこそ、目の前のお悩みだけでなく、根本的な部分へのアプローチも
忘れたくないのです。
 
身体の老廃物を排出し、血の巡りがより良くなった状態でアロマトリートメントを
受けた方が、より効果が上がるのは、お分かり頂けますよね。

 
 
女性は特に、ホルモンバランスに振り回されるコトが多いと思います。
ここが根本的な問題のひとつになったりします。
知らず知らずストレスを溜めて、生理が遅れてしまった経験がありませんか?!
こういったホルモンバランスの乱れが自律神経に影響するために、不調をもたらすのです。
 
生理不順やPMS、更年期障害等でお悩みの方には、
本来のカラダの状態へと戻してくれるハーバルスチームの、
下記の植物(生薬)のチカラをオススメします!
 
リフレッシュ:スッキリする香りのハーブ3種類の詰め合わせ
・ペパーミント(排泄・消化促進)
・ローズマリー(血液循環)
・ヤロウ(倦怠感除去)
アンチエイジング:年齢に負けない素敵なお肌と心に!
・ジャスミン(ホルモン分泌安定)
・レモングラス(抗炎症、活気取り戻し)
・マージョラム(自律神経安定)
・ギンコ(血流改善)

 
 
 
過去のコラムでも、度々書き記しておりますが、
アロマオイルは、身体へ取り込まれるルートが多数あり、
香りで脳に働きかけ、皮膚から浸透させ、そして呼吸によって肺から毛細血管、
そして内臓へも働きかけます。
 
このアロマが取り込まれるルートも、血の巡りがカギとなるのです。
ハーバルスチームで、より豊かな血の巡りを手に入れ、
アロマトリートメントで身体へ効果を浸透させて欲しいのです。
 
ハーバルスチームとアロマトリートメントは、とても親和性が高い。
そして、人間と植物のチカラも、とても相性がよく「なじむ」のです。
 
ハーバルスチーム温活に、各種ボディトリートメント。
冬に限らずとも、スカートや下着の締め付け等で女性のカラダは冷えているので
一度お試しいただくと良いかもしれません。
過去コラムで、ワタシの体験記を書かせて頂いているのですが、
ひと言でいうならば、『ゆるむ』ですかね。
ココロもカラダも、とても楽になり、ホワホワと幸せな感覚に包まれました。
 
何より、頭もカラダもガチガチになっていたコトに気づいて、ビックリ(笑)
『ゆるむ』ために、温活とデトックスって本当に大切だって実感できますよ!




CopyRight© Mariko Oonishi


この記事のタグ
ハーバルスチーム アロマトリートメント 植物のチカラ 
『ハーバルスチーム』関連記事
●ハーバルスチーム(よもぎ蒸し)
●RelaxSalon Seeds体験記【その2】



トップへ