大阪 福島区 新福島 梅田 中之島 北区 福島区 アロマとさとう式リンパケアのサロン シーズ

姿勢から考える「妊活」


姿勢から考える「妊活」

女性の身体を整える『妊活』
今回は、体温な維持が前提として、カラダの面からのアプローチ方法を
具体的にお話して行きたいと思います。
 
妊活をする上でメンタル面も、もちろん必要です。
日本人の多くは、そのお国柄なのかストレスを抱えている方が多いです。
様々な不調の原因として、必ずと言っていいほど登場します。
そして「自律神経の乱れ」も、またしかり。。(´д`ll)
 
その為、メンタル面からのアプローチが取り上げられるコトが多い感じがしますよね。
影響が出やすいためでもあるとは思いますが、、
 
ココロとカラダは繋がっていますからね。
妊活に限らずとも、困っているなら、前回お伝えした「いつもと違う選択」を
してみればいいのです。
 
その1つの方法として、別角度からのアプローチを知って頂ければと思います。
 
 
…とは言うモノの。
なぜそのカラダの側面からのアプローチが有効なのか?をお伝えするためには、
まず自律神経のコトを知らなければなりません。
 
改めて言うまでもないかもしれませんが、、
自律神経とは、意志とは無関係に作用する神経で、身体の機能を促進したり抑制して
調節してバランスを取り、健康状態を保っています。
内臓を動かしたり、血液を流したり、老廃物を流すなどの、働きをしています。
 
自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」によって成り立っています。
 
「交感神経」は、緊張時やストレスがかかった時に働くモノで、心身を活発にします。
「副交感神経」は、リラックスしている時に働くモノで、心身を休めて回復させます。
 
ある程度のストレスには対応できるのですが、過度になってしまうと
常に交感神経が高ぶっている状態になり、副交感神経の機能が低下。
そのためにカラダの回復力も落ちて、不調を起こすのです。
    


妊活には、どちらの状態が良いのか、もうお分かりですよね。
赤ちゃんには「副交感神経」が優位なカラダを準備してあげて下さい。
 
キーワードは『脱力』です。
 
 
カラダの側面からアプローチして、「脱力」できるカラダを作るのです。
ここで言う「脱力」はリラックスしている状態とは、ちょっとニュアンスが違います。
過度な交感神経の働きにより、無意識に緊張状態が続いている筋肉≠緩める「脱力」です。
 
そこで有効になってくるのが、シーズオリジナルメニューである、
『SSP骨盤調整』
 
 
背骨を整える&骨盤の傾きを整えて、姿勢の良いしなやかで美しいカラダをつくる
と言う部分が、注目されがちですが「筋肉を柔らかい状態に整える」メソッドも
しっかり組み込まれているのです。
 
私は日頃からリラックスしてるし*っと言う方や、
普段から姿勢には自信があります!…って方も。。。
もしかしたら、無意識に筋肉を使って力んでいる可能性があります(;´Д`)
 
これは「4DS理論」に基づいているモノで、これまでの常識とは違う認識になりますが、
「いい姿勢」を維持するにはたくさん筋肉を使わないといけないし、
「いい姿勢」でいようとして実はエネルギーの無駄遣いをしている…と考えられています。
 
あなたの姿勢によっては、エネルギーの無駄遣いで
筋肉を強ばらせているかもしれません。。。
 
そして姿勢を良くしようとすればするほど、近くの筋肉も固まり子宮の働きが悪くなり、
背筋伸ばして背中が反るほど、身体の中で子宮の納まりが悪くなって、赤ちゃんの部屋の質も
下がってしまうかもしれません…(゚д゚lll)
 
この「4DS理論」については、シーズで講座も開催しておりますので、
施術を受けられた際に貴方だけの脱力できる姿勢≠聞いてみるも良し、
その姿勢に整えてもらうコトも良し。。。
試す価値アリ!です(笑)

 
リラックスしたい時に、よく肩の力が抜くっと言ったりしますよねー
この「肩の力」って言うのが、前文で記した「脱力」なんですよね、きっと。
 
ダラけると言う意味ではなく、カラダや筋肉を正常に戻して、
通常通りに効果的に機能させるコトによって、妊娠につながるカラダが
整っていくのではないかと思います。
 
カラダが整えば、ココロも整います。
 
改善できない自分に罪悪感を感じてるなら、意識が高い・低いとかじゃなくて
それはきっとカラダの調子が悪いせいです。
そう考えるコトだって「いつもと違う選択」ですよ!
 
ココロもカラダも緩やかに穏やかな状態で、赤ちゃんを迎えてあげてくださいね♪



CopyRight© Mariko Oonishi


この記事のタグ
妊活 骨盤調整 姿勢 
『妊活』関連記事
●「妊活」にはデトックス。
●妊活_体温の維持はやっぱり基本
●妊娠したい!!!



トップへ